テーマ:京都便り

京都・平安神宮へ~♪

1月半ば~、もうお正月モードも薄れつつあるころ 少し遅めの帰省をしてきました。 せっかく京都を通るのもあって、平安神宮に寄ってみました♪   以前、平安神宮で厄払いをしてもらったとき~ とってもいい年になったことがあったので、 2008年/家内安全のご祈祷をしていただきました(*^_^*) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2007年初詣 in 平安神宮

2007年の初詣は、京都の平安神宮へ~♪ 一休寺から、車で京都市内に入ると。。。 成人式の式典の終了時刻とも重なってしまったようで、 少しばかり渋滞にはまってしまいました(^_^;) 平安神宮は、厄払いで訪れて以来です。 そのお礼も兼ねてのお参り。 朱色が鮮やかだ~(^・^) 中に入ると。。。 たーくさん…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一休さ~ん♪ のお寺参り

2007年のお正月。 Okayはんの実家へ、少し遅めの帰省です(*^_^*) 成人式のあった8日に~ Okayはんの家族で、京都へ今年初めての初詣っ♪ まずは、京都・田辺にある~ 「一休さ~ん♪」でお馴染みの、一休寺へ。 そう!あのトンチで有名な、アニメにもなっている、 正真正銘の”一休さん”がいたお寺です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紅葉散策 in 東山

2006年11月の連休(後半の方)に~ OKayはんのお友達夫婦が、東京からやってきました♪ はるばる~おこしやす(*^。^*) 11月の終わりともなると。。。 雨やら何やらがなければ紅葉のドピークです!? そんな、素晴しいドンピシャな日程で~ とりあえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸術・食欲・スポーツの秋~in 京都♪

芸術の秋!? 京都駅ビルで開催されていた~ アルフォンス・ミュシャ展に行ってきました\(^o^)/ よく見ますよね~♪ミュシャの作品って。 日本に、とーっても溶け込んでいる気がします。 優しいタッチで、独特のアールヌーヴォのポスター!? タイプの違う綺麗な女性が描かれていて~引き込まれるというか、 こっちまで優しい気持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第19回JAL東福寺音舞台へ~♪

京都駅から一駅下ると、東福寺駅に着きました\(^o^)/ 同じ方向に歩く小さなグループを何人か発見!? とりあえず、ついていけ~~~。 途中長ーい行列を横目に通って、招待券を係りの人に見せる。 すると。。。 Okayはん達は、とーーーってもVIPだったらしく(゜o゜) 一番いいエリア(ど真ん中)のピンクの札と交換。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

比叡山散策~♪

比叡山といえば。。。 京都&滋賀県の県境にあるお山~。 その両方の景色を望める山頂に行くと、 フランス印象派の作品をモチーフにした庭園美術館。。。 ガーデンミュージアム比叡がありました(*^_^*) ↑ちなみに、コレはモネの睡蓮を再現しているんです!? 上の写真のすぐ横に、↑この絵がありました。 ちゃーんと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音舞台~当たっちゃいました♪

JALの提供で、京都や奈良の寺院で開催されるコンサート。。。 それが音舞台(完全抽選制で"無料"なんです~♪)\(^o^)/ 1989年の金閣寺でのコンサートから、今年で19回目!? 実はOkayはん、ちょ~ど10年程前に。。。 真夜中にやっていたTV番組の「音舞台」を見て、 完全に!魅了されてしまったのだぁぁぁ~~~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お盆の京都・嵐山の大文字焼き

今日、8/16は京都の五山の送り火の日でっす(*^_^*) 久々の~、リアルタイム更新だぁー(笑) Okayはんは、五山のうち。。。 ①東の大文字 ②妙・法 ③船形 ④左大文字 ⑤鳥居形 ①~④は制覇してまっす。 なので、今回は初めての。。。 ⑤鳥居形を観に行くことにぃー♪ お盆休みのところもま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の日の京都・藤田嗣治展へ

京都国立近代美術館で、開催していた。。。 (今は広島県立美術館に移ってしまったらしい(・_・;)。。。) フランスで活躍した画家、藤田嗣治展へ行ってきました~ ちょーど、京都で最終日だったんです!? ってことは、7月23日だ~(^^ゞ 京都は美術館やら、博物館やら、お寺やら~ いーっぱいあるので迷ってしまう(・_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の日の京都・祇園祭

京都の夏の始まりといえば~~~ そう!?祇園祭です\(^o^)/ 祇園さんのコンチキチン♪♪♪の音色が響いてくる頃! 7月の半ばも過ぎると、もう夏はすぐそこの合図(*^^)v Okayはんは大学の4年間を京都で過ごしいるので~ この時期、人がダダダダーーーーっとやってくるのを知っています(・_・;) せっかく京都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都のおいしい処♪

この冬!冷麺で革命が起きましたーーー\(◎o◎)/ 京都の上賀茂神社近くにある「中華のサカイ」はヤバイです!?今まで食べた冷麺は一体なんだったのかーーーって思う程の驚きの味でした!!!友人夫婦の超~オススメのお店で、「冬に冷麺???」っと、寒いこの日には。。。あまりノリ気のしないメニューでしたが、やられました\(◎o◎)/ 何が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伏見巡り・伏見稲荷大社編

すずめ焼きを後にすると、見えてくるのが全国3万社あるとされている「稲荷神社」の総本宮…「伏見稲荷大社」です\(^o^)/おいなりさ~ん♪ココは、初詣の時期。。。たどり着くにはとーっても困難な、参拝者数の多さでは全国でもトップに入る神社なのです~。 Okayはんは、久しぶりに訪れました!? 本来、狛犬なるものが門前等に配置され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伏見巡り・すずめ焼き編

伏見に来て、忘れてはならないのが「お稲荷さん」の愛称を持つ、伏見稲荷大社です♪すぐそばにある最寄りの3路線(JR・近鉄・京阪)の駅構内は、鳥居の朱色に塗られたかわいらし~い様相になっています(*^。^*) その内の一つ、京阪の伏見稲荷駅で下車。それから、表参道を歩いていると。。。本日のドキドキ目的の一つ、伏見名物の「すずめ&うずら焼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伏見巡り・寺田屋編

ハネムーン前に…話は少し遡ります! 京都・伏見巡りの続きで忘れてはならない、名所中の名所が。。。あの幕末時代に名を馳せた坂本龍馬の縁の地「寺田屋」です\(^o^)/ この木造の建物が見えた時、Okayはの動悸は激しくなっていて、かなりの興奮状態に入っていました!もう足がプルプル、胸はドキドキ、目はウルル~っ(笑)  司馬遼太郎を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伏見巡り・月桂冠記念館編

京都にまたまたやってきました♪今回は市内より、すこ~し南に位置する「伏見」の町へ、友人夫婦と一緒に探索でっす。幕末の歴史が大好きなOKayはんにとっては、実は胸がドキドキしてしまう町なのです(#^.^#)きゃ~♪ 豊臣秀吉の城下町&坂本龍馬を代表する幕末の志士達の活動の拠点の町でもあって。。。歴史の舞台になったとーーーっても有名な場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清水寺・夜のライトアップ

菊人形展を鑑賞後、次は…清水寺に行ってまいりました\(^o^)/ 清水寺で秋の夜間特別拝観がされていたからです♪6時半からのスタートだったにも関わらず、おそろしい程の人の列のせいか、30分前倒しで中に入ることができました(*^。^*)  清水寺の方面からサーチライトが灯されていて、変な感じ(笑) 人の多さの割には、けっこうス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枚方大菊人形展・静との再会編

これは、静御前に再会したワンシーンだとか。 義経のストーリーは、まだまだ勉強不足で。。。どの時期にあたるのか今一つ分かっていなかったのであります。他にも、壇ノ浦の戦や、有名な弁慶の最期(弓矢がいっぱいささった菊人形でした…)もありました。 一番の最盛期では25シーン?も越える、菊人形の展示があったそうなのですが。。。今回の「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枚方大菊人形展・五条大橋編

お待たせいたしました(^◇^) 前評判通りの、弁慶と牛若丸が対決した五条大橋のワンシーンです♪ 弁慶には花は飾られていませんでしたが、空飛ぶ牛若丸参上です\(^o^)/  見事に空中に飛んでいました! かつて、二人の決闘地となった五条大橋。。。今も京阪五条駅を降りると、すぐ横の鴨川にかかています!東京まで続く…国道1号線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鞍馬???

11/27(日)、もう止まらない週末の京都通い\(^o^)/ この日は。。。枚方大菊人形展へ♪ 小さい頃に行ったような~懐かしい記憶を辿って、いざ! 京阪電車の枚方公園駅を下車! 「お、けっこう人降りるやん」と思いきや。。。なんか変な感じ。 遊園地が近場にある駅なの??? っと、疑いたくなる静まった駅でした。 通り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築家の安藤忠雄 と クロード・モネの「睡蓮」

大山崎山荘美術館の見所は! ズバリ、本館である英国風の洋館。 そして、もう一つは本館から通路で結ばれている新館、 「地中の宝石箱」に飾られている クロード・モネの「睡蓮」があることです!?!?  モネは、パリ郊外に買った自分の家に「日本庭園」を造り、 太鼓橋と日本の睡蓮を植えたことで と~っても有名な画家さん(*^。^*)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高みの見物

1917年に山荘は完成! 工事中の頃には、文豪の夏目漱石も訪れたとか~(゜o゜) そして、この山荘前にある池のある庭園。。。 その向こうに見える塔! (まるで「誰かを幽閉してるのでは?」って不気味な雰囲気が)  あれは、この山荘が建設されていた時、 実業家さんがあの塔から指揮をしていたらしい。 ちゃ~んと、「白雲楼」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山崎山荘美術館の全貌

トンネルを抜けると。。。そこには可愛い~お家がありました♪ハイジでも現れるんではないかと思う位、乙女心をくすぐるような可愛らしい佇まいの洋館でした(*^_^*) この山荘は、大阪の実業家さんが昭和初期に建てた英国風の大邸宅でした(゜o゜) その後、会員制のレストランや企業の保養所になったりしてきたのが、最終的にはアサヒビール・京都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天王山を登る~

サントリーウイスキー工場でのひと時も過ぎ、 次は同じ天王山の麓にある… 「大山崎山荘美術館」へ行ってまいりました♪ 何と!ココは、アサヒビール社の所有している美術館です(笑)  サントリーウイスキー工場付近では、 サントリー系の自動販売機を見かけたのが…、 大山崎山荘美術館に近づくに連れて この付近の管轄は、ど~もアサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都嵐山花灯路 (2005/12/9~18開催予定)

緊張の中…お茶会を終えた頃には、外は真っ暗になっていました。 そして、とっても幻想的な紅葉のライトアップがされていました\(^o^)/ ひっきりなしに続いていた人の列も、相変わらずで。。。もしかしたら昼間よりも増えた感じに(゜o゜) とにかくゾクゾクゾクゾク。。。。つづくって感じです。 人の流れが止まらない中、相変わらずTV中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝厳院でのお茶会

はっきりと聞き取れなかったのですが。。。お茶会は裏千家???(間違っていたらごめんなさい(^_^;))の作法でいただきました。 4畳半程のお茶室。参加者8人に、とっても上品な男性の方のお手前で、お茶菓子とお茶が用意されました。 ろうそくを灯したほんの~り暗いお茶室で、800年前の青磁茶碗を持つと…、さすがに私の手は震えてしまって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝厳院・非公開茶室へ

今回の目的は、紅葉狩り&お茶会です!? きちんと着物を着て、茶道をたしなむ面々に紛れ…(^_^;)ほとんど初心者の私はドキドキしっぱなしです。一般公開されている庭の順路にそって歩いていくと、立入禁止の札が置かれたお茶室が! そして、火鉢のあるお部屋で、しばらくの間待っていると…、何やらお品書きのような和紙を発見!?そこには、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝厳院・獅子吼の庭

宝厳院の「獅子吼の庭」は、3年前に140年ぶりに公開された名園中の名園で、江戸時代の名所案内「都林泉名勝図会」にも掲載されている、嵐山を借景とした枯山水庭園(=水を用いずに、石・砂などにより風景を表現する庭園様式)です!? 「獅子吼=ししく」とは「仏が説法する」の意味。 苔や竹垣の美しさの他にも、人生を表す丸石で作られた「苦海」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝厳院・生放送の中継

点心をいただいているお部屋からは、雪見障子越しにお庭を愛でることができます。これがまた綺麗でぇ~(*^。^*) 実は、ちょ~どABC放送のTV局が中継に入ってて、「南光さ~ん。こちらの紅葉は素晴らしいですよー!」と、カメラに向かってアナウンサーが喋っている姿が見えました!? 23日の特番で、2時~6時位まで京都各所の秋情報番組をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝厳院・非公開書院内で

宝厳院は、世界遺産にも登録されている天龍寺の塔東(=寺の別院)で、1461年の室町期に建てられました。実はココ!長年ず~っと非公開で、この秋の特別公開期間でしか入れない、地図にも記載されていない隠れた名園なのです!? 今日は、一般公開されていない書院内に入れていただき、お庭を見ながら「お茶会」までの間に、点心(=中国ではお菓子の意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more